流行りの建築方法とは|自然素材の家で快適生活

スーツ

住宅建設でできる工夫

家

注文住宅の建設が多い和歌山ではコストを抑えた設計が人気を集めていますが、様々な工夫によってお得に建設することができます。ポイントは住んでからのランニングコストを抑えることですが、外観をシンプルにして手入れを簡単にするといったことが挙げられます。

家族が健康に暮らす住まい

一軒家

シックハウス症候群とは

新築で家を建てるなら、家族みんなが健康に過ごせる住みやすい家を建てたいと思うでしょう。もし、新しく建てた家が原因で家族の健康が奪われたならそれはとても悲しいものです。シックハウス症候群とは家の土台や壁などの素材に含まれる化学物質が原因で起こる健康障害です。症状としては、目がチカチカする、鼻や喉の奥が痛む、だるい、気分が悪くなるなど様々なものがあります。これらは家の外に出ると、症状が治まります。また比較的家の中にいる時間が長い主婦や乳幼児に見られることが多いです。家を作る建材には様々な化学物質が含まれています。それらが気体となり、私たちが吸う空気に含まれていきます。化学物質の量は、ごくわずかなためこれまで健康被害が出る事はほとんどありませんでした。しかし日本の住宅の機密性が高まり空間が密閉されることにより、化学物質が含まれる空気が室内にとどまりやすくなったのです。

自然の材料を使って

このようなシックハウス対策として、注目されているのが自然素材の家です。化学物質を含まない建材で建てる家のことを指します。自然素材の家で多く使われるのが、無垢の木材です。吸湿性と防湿性が高く、木材となっても呼吸をするため部屋の中の湿度は一定に保たれると言われています。また壁材に、化学物質が含まれない珪藻土や漆喰を使用することにより、健康被害を防ぐことができます。これら自然素材の家は、一般的な家と比べてコスト高となることが多いです。しかし家族の心と体の健康面を考えれば、コストパフォーマンスの高い選択だと言えるでしょう。シックハウス対策として、自然素材の家人気は高まりつつあります。しかし業者の中には、自然素材ではない材料を偽って使う所もあるようです。どんな家を建てるにせよ、信頼できる施工業者を見つけ、建てる側と住む側が一緒になって快適な家づくりをしていく必要があります。

宅地開発による住宅

住宅

自然環境に恵まれた浜松では、多くの宅地開発された分譲住宅が販売されています。その特徴は価格の安さと立地の良さに便利な生活環境が挙げられます。さらに健康に配慮した素材を多く使っていることで、住みやすい家が増えています。

マイホーム購入時には

	インテリア

愛知県で一戸建て注文住宅の購入を検討しているのであれば、住宅展示場を訪れて複数の会社の物件を比較検討してみるのがよいといえます。その際は、全国的な知名度のある大手ハウスメーカーだけでなく地元での実績が豊富な地元工務店も選択肢に入れて検討してみるのがよいといえます。